【レビュー】final E2000 ノリよく音よく元気よく!

おはこんばんちわ。冬の色がどんどん濃くなっていきますね。

そして気づけば年末。思わず一年を振り返ってしまう時期でもあります。

出てくる感想と言えば、

「この間年明けたんだケドなぁ。」

ぐらいですけど。

カンケーない話題はこのくらいにして、本日のレビュー記事。に参りましょう。

…コレだ!

final E2000 FI-E2DAL
by カエレバ

はい。先日レビューしたE3000の弟分にあたる機種になります。どうやら似た者兄弟ではないようですが。

E3000と同一の内容も多くあるのでそこは割愛させていただきます。上のリンクを見ていただければ。

ではではチェック。

あ、毎度スミマセンが。

この度のレビュー記事はあくまで主観の混じった個人的な感想となります。最終的なご判断は閲覧してくださっている方々に任せるものであって、一切の責任は負えないことをご了承ください。

パッケージ

final E2000 パッケージ

E3000とほぼ同じ。違う点は機種名とイヤホンそのもの。見りゃわかるか。

final E2000 パッケージ 裏

パッケージ裏面。純正のイヤーピース「Eタイプ」による“スウィングフィット機構”の図解ですね。

耳の形に添ってクネクネと”スウィング”するために、音質・装着感に良好な影響を与える、と。

そんなトコロでしょうか。

そんなトコロだと思います。

付属品

final E2000 付属品 (画像はE3000ですがほぼ同一)

スミマセン。某電化製品店で購入し道すがらで開封、そのまま耳に装着し帰宅したため、開封後の画像がありません。なのでE3000の記事のモノを流用。ほぼ同じです。

さて付属品ですが、各所で言われていますし、僕も書きましたがまぁ豪華なんです。

SHURE掛け(耳掛け)するためのイヤーフック、これまた評判のよろしい「イヤーピース・Eタイプ」。

本来ならばこの二つで約2000円とられます。

イヤホンついでにとても贅沢なオマケまでついてくるワケですね。

ポーチは…高級感はあります、が。見た目以外は特に変わった仕組みのモノではないです。と、書きましたがそもそもあまり使う機会がないです。

イヤホン本体

final E2000 本体

艶消しのブラック。渋くてカッコイイ。個人的に今まで購入したイヤホンで一番気に入っているデザインかもしれません。

こういう、単純かつ小型のイヤホンが一番利便性があって取り回しやすいんですよね。

ちなみにこのE2000は“マットシルバー”というカラーもあります。

ファイナル ダイナミック型カナルイヤホン(マットシルバー)final E2000 FI-E2DALS
by カエレバ

お好みで。

イヤホンステムのフィルター

final E2000 フィルター

写真では写りませんが、ヒジョーにきめ細やかな網目状のフィルターになっています。

左右はイヤホンを上から見た時の裏に印字されています。

final E2000 左右判別

あと背面。

final E2000 背面

E3000・2000両機種に存在する背面メッシュ。音漏れが気になる方が多いようですが、奥に小さな口があるだけかつフィルターがある為、ステム付近からの音漏れの方が大きいそうです。

ちなみにこの構造の理由はデザイン上の都合。

…と、final公式Twitterさんがつぶやいていました。

使い勝手とか

僕はこの機種での音量はiPhoneのボリュームの半分弱くらいですね。

以下ほぼコピペ。なんせ、E3000と形状が同じなモノですから。

  • 音漏れ耐性はダイナミック型としては優秀。電車やバス等ではまずにらまれるコトはないでしょう。ただし常識的な音量の範囲内の場合、ですが。静寂な環境でも顔を近づけるでもしないと漏れてることすらわかりません。ただ、全くの無音とはいきません。

  • 遮音性は純正イヤーピースだと標準か、若干悪い程度ですかね?ただ上記の通り、SpinFit TwinBladeが装着できるので、コレに抵抗がない方はゼヒともオススメしたいです。シャレにならないほど遮音性が向上しますので。

  • 痛みはイヤーピース次第。本体は小ぶりなので。

ちょっと補足しておきますと、SpinFit TwinBladeで装着する際、SHURE掛けするとなかなかうまく耳に挿入できません。そんなときは通常掛けで耳穴に沿ってグリグリとねじ込んでいき、トドメに耳たぶを下に引っ張りながら押し込むとうまく装着できるかと思います。お試しください。

と、書きましたが。

このダブルフランジはつけ外しに手間取るため、現在シングルフランジのSpinFitを装着しています。

こんな感じ↓

final E2000 SpinFit

なかなかクール。

イヤーピース選手権!

ちょっと趣向を変えまして、イヤーピースの比較を行いたいと思います。

ただ冒頭にも書いてある通り、個人差の激しい部分となりますので、軽い参考程度に読み流してください。

イヤーピース選手権

とりあえず手持ちのイヤーピースを並べました。

左から、JVC スパイラルドット、ラディウス ディープマウント、final Eタイプ、茶楽音人 SpinFit(シングルフランジ)、同社 SpinFit TwinBladeになります。

ザックリ比較。

高音

Eタイプ≧ディープマウント>SpinFit(シングル)>SpinFit TwinBlade>スパイラルドット

ボーカル

SpinFit TwinBlade>SpinFit(シングル)>Eタイプ>ディープマウント>>スパイラルドット

低音

スパイラルドット>SpinFit TwinBlade>SpinFit(シングル)>ディープマウント>Eタイプ

音場(定位)

Eタイプ≧SpinFit(シングル)>SpinFit TwinBlade>>ディープマウント=スパイラルドット

装着感(※個人差強め!)

SpinFit(シングル)>>Eタイプ>ディープマウント=スパイラルドット>>>SpinFit TwinBlade

遮音性

SpinFit TwinBlade>>>SpinFit(シングル)>スパイラルドット>ディープマウント>Eタイプ

低音が最も出るのはスパイラルドットでした。しかし、ボーカルなどの上の音域に被りバランスが崩壊する印象。遮音性はまずまずよいです。

ディープマウントは純正と大差がなく万能型ですが、無論、スウィングフィット機構の恩恵は受けられません。

Eタイプはさすがに純正イヤーピースだけあって、一番音のバランスがよく、装着感もつけていないかのような付け心地で軽くフィットします。ですが遮音性がイマイチよろしくないかなと。

SpinFitは音のバランスがやや低音によりますがバランスを崩すほどではありません。遮音性もよくこの中では一番扱いが楽(つけ外しが容易い)なうえに音に満足が行きます。

TwinBladeは遮音性が鬼です。iPhoneのボリュームを一段階下げられるほど遮音してくれます。が、装着脱着がかなりの困難を極めます。ココを受け入れられれば聴力的にはいちばんやさしいでしょう(音量を下げて楽しめるため)。

こんなトコロかな。へぇそうなんだ程度に。

ちなみに、個人的総合優勝はSpinFit(シングルフランジ)です。使いやすい。

音質

  • 音のバランスは弱かまぼこか
  • 基本的に全帯域まんべんなく自然に聴こえる。つぶれている音域などは感じない。
  • ボーカルの躍動感は特筆もの。もうめっちゃ元気。
  • 高音は刺さらず伸びる。サラサラとしていて清らかな高音。
  • 低音は芯があり、締まっている。ボーカルに被ることはない。歯切れがよくスパスパ刻んでいく。
  • 空間表現が巧み。奥行きも感じられます。
  • 全体的に元気でノリがよく、わかりやすい「高音質」かと思います。コレといった弱点が見当たらない。

とにかくタイトル通りなんです。

細かいトコロを気にさせず、音楽を楽しく彩ってくれる。

それなのにもかかわらず、じっくり見てみるとその細かいトコロの”質”もとてもよく丁寧に作られている。

雑な部分がなく本当に気持ちのいい鳴りっぷりの音質です。

前回やってみたナゾ例え、”スポーツドリンク味の爽やかな炭酸水”……で…どうでしょう、か。”どう”でもいいですね。全く表現が伝わらない…

まとめ

E3000が本当に素晴らしい機種で、ボーカルにフォーカスを当てたこの機種はもっと自分に合うのでは、と購入してみましたがミゴトにジャストミート。finalは質の良い変わり種が多くて面白いですね。これから先も新製品が出されるたびにチェックしておきたいメーカーです。

こんな感じ、です。

それではノシ

…。

オマケ。

シロートがこれまたオシャレ(?)に。

以上です。

final E2000 FI-E2DAL
by カエレバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする